ITDA インターナショナルタイダンスアカデミー タイ国文部省認定 タイ 舞踊 学校
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


外務省: 日タイ修好120周年
日本で活躍するタイ人インタビュー

タイ舞踊について
ITDAについて
コースの選択
タイ舞踊の歴史
舞踊家派遣
タイ民族衣装レンタル
タイ留学
タイ観光記念コース
過去の実績
地図
メール
リンク
基金について
ITDA日・タイ文化交流センター


ラーマキエンの物語






               
タイ観光記念

きらびやかなタイの衣装を!


バンコク校お問い合わせは 

ITDA タイ文化交流センターバンコク本校
e-mail:
itda_school@yahoo.co.jp
月ー土曜日 9:00-18:00

お問い合せ 66-2-662-4230
日本語でどうぞ



ITDAタイ王国舞踊団
タイ舞踊家派遣
ITDA東京分校

タイ舞踊教室 特別コース



ITDA
日・タイ文化交流センター
 「タイ文化教室」


詳しくはITDAバンコク 
スクンビット39校ホームページへ





ITDA 日・タイ文化交流センター
ITDA日・タイ文化交流センター「タイ文化教室」

東京分校へリンク




無料タイ舞踊講座
国際タイ舞踊文化交流会実行委員会
yahooビデオ タイ舞踊ITCA動画





7月3-4日 タイ芸術局舞踊団来日特別公演 タイ舞踊団の中でも最高峰の舞踊家とソムシー校長のコラボ公演です。
 会場:東京国立博物館 時間:①11:00-12:00 14:00-15:00  申し込み不要当日先着順380名タイ国立劇場でも滅多に
 見ることの出来ないハイレベルの公演です。お見逃し無く。


730日タイ舞踊公演 公演名: TCKタイフードフェス×かき氷コレクション2017    会場:大井競馬場 
 入場無料  15:00- 1800- 1900- 3公演 タイ料理を食べながらタイ舞踊が楽しめます。
 毎年タイ関連のイベントを開催する恒例企画です。

811日 タイ舞踊体験 主催:東京国立博物館 会場:東京国立博物館平成館大講堂 ITDAソムシー校長指導で
 タレントのはるな愛さんと一緒に楽しく踊りましょう。予約不要先着380名、当日東京国立博物館入管者であれば
 どなたでも参加できます。

日本公演85-7, タイ公演916-18日 日タイ修好130周年記念事業「日・タイ文化ふれあい交流フェスティバル」
 主催:国際タイ舞踊文化交流会実行委員会 後援 外務省 会場:実践女子大学(東京都渋谷区)、タマサート大学、
 キングモンクット大学タイ国バンコク。日本とタイの美しい伝統美に触れ異文化理解と自国の伝統を再認識できる公演です。


9814;00-18:00 公演名:タイ文化講座 会場:ITDAタイ文化センターバンコク 修学旅行中の高校生向けに
タイの挨拶文化習慣やタイ舞踊の基本の感情表現などが学べる公演を開催します。修学旅行専用プログラムです。
ITDAではご希望に応じてお好みの体験をアレンジして提供しています。

らせ

★ ITDA タイ王国舞踊団 タイ舞踊家派遣 「タイ舞踊家の紹介2017年」 
NEW

201732-3

ANAインターコンチネンタルホテル東京
Thailand Connect The World Japan Business Event Road Show2017 ITDA
タイ王国舞踊団が日タイ修好130周年記念事業のための創作舞踊を披露しました。
写真up


タイのニュースで紹介されました。


タイ舞踊 VDO upしました。
NEW
日本テレビ スッキリ でタイ舞踊が紹介されました.

ラムシーヌン

タイの女性の優美さを表していて、お祝いの席などでよく踊られる吉祥の踊りです。


 タイ文化一日体験

フルーツカービングコース&ソープカービングコース 一日 体験講座
作品を仕上げてお持ち帰りしていただけます。必要な道具は無料で貸し出しします。

タイ語 1日 体験コース 60分2000円(材料込み。)一回完結。一日 体験講座
タイ文字コース 自分の名前をタイ語で書いたり一文字づつ丁寧に学習します。

タイ舞踊体験 60分3000円(材料込み。)一回完結。一日 体験講座
*タイ舞踊の基本的な準備体操、 仕草(嬉しい悲しい等)の練習

ITDA 日タイ文化交流センター日・タイ文化交流センターも皆様のおかげをもちまして10周年
を迎えることができました。これを記念しまして以前よりご要望の多かった、一日講座を開催いたします。
詳しくはこちらからどうぞ






タイ舞踊学校ITDA 無料動画ビデオ 「シーダー妃のルイファイ(火渡り)」

「シーダー妃のルイファイ(火渡り)」

ランカー国の王トッサカンはシーダー姫を連れ去り、ランカー国の庭園に閉じ込めてしまった。それを追いかけてきた
ラーマ王子とラック王子とその従者達は、トッサカンと闘いを繰り返し、最後にはラーマ王子側の勝利となる。ランカー国
から救出されたシーダー妃は夫のプラ・ラームの居城に伺候した。しかし、シーダー妃は長い間ロンカー国に幽閉され、
何年もトッサカンの王宮で篤いもてなしを受けていた上に多くの財宝をトッサカンにねだったなどと人々が非難するのを
恐れたプラ・ラームは、妻を問責した。シーダー妃はそのことをいたく悲しみ、雷に撃たれたように苦しんだ。そして、
プラ・ラームに対し、神々を承認として招いた儀式で、身の潔白を証すための火渡りを行うと告げた。プラ・ラームが
チャンタラーティットという名の特別な矢を射ると、神々が集まり、アッキー(火)という名の矢を射ると薪に火がつき、
真っ赤な炎を出して燃えさかった。シーダー妃は精神を統一し、心の中で参集したさまざまな神々に、私にほんのわずか
でも夫を裏切る気持ちがあったなら、どうぞこの身を焼き滅ぼし無間地獄に落として下さい、もし夫を裏切っていなかったら
足を灼熱から守って下さいと祈願した。 シーダー妃が火渡りを始めると、わずかな熱ささえも感じられず、それどころ
かティップという名の蓮が妃が歩を進める度に地中から伸び、妃の足を守った。プラ・ラーム、シーダー妃、プラ・ラックは
アヨータヤーの都へ帰る。
         
1ラーマ王子とトッサカンと戦い   2将側の軍団       3シーター妃を戻る  4 誤解を受けて怒り     5シーダー妃の渡り    6喜び合う二人       7「ナーパートバーツサクニー」  8アヨータヤーへ帰


タイ舞踊学校ITDA 無料動画ビデオ そのた